フェイシャルエステで出来るリフトアップ

エステティック

aesthetic

エステとは「エステティックサロン」を省略した言葉です。
エステは全身美容を表す言葉でもあり、脱毛・ダイエット・美肌など美しくなる事を目的とした施術を施す施設を示します。

エステティックとは本来、美学・審美といった意味を持つ言葉なのです。
エステティックの起源はヨーロッパであり、日本に伝えられたのは明治時代まで遡ります。 
しかしエステティック業の需要が増加したのは、1970年代の事でした。
この理由として、生活水準の変化や女性の社会進出が挙げられるでしょう。

その後も需要を伸ばし続け、平成14年にエステティック業はサービス業の中で独立分類されました。
こうしてエステティックサロンは、手技や化粧品などを使用して皮膚や体型を整える施術、または指導を行う為の施設となったのです。

リフレクソロジー

エステは多種多様です。
脱毛・痩身・美顔・アンチエイジング・ヘアケアなどが含まれます。
さらに近年ではリフレクソロジーやリラクゼーション、デトックス、岩盤・ゲルマニウム温浴などを利用する人も多いです。
容姿の美しさを追求するのみでなく、ストレス解消などを目的としてエステもあるのです。

リフレクソロジーとは、数年前から日本でも広まり始めたエステです。
本来は欧米で発展してきたリフレクソロジーですが、最近では中国式・台湾式・英国式が登場し、種類は様々です。
施術の目的は体の各部を刺激し、自然治癒力を高める事です。
特に脚の裏を刺激する施術方法が、人気を集めています。

脱毛

datumou

エステの中でも主流メニューの1つと言えるのが、脱毛エステです。
エステでの脱毛は、レーザー脱毛・電気脱毛・ワックス脱毛が一般的です。

レーザー脱毛とは、除去したい毛に向けてレーザーを照射させる方法です。
照射された毛は毛乳頭が破壊される為、永久脱毛としても効果が高いです。

電気脱毛には電気分解法・高周波法・ブレンド法があり、施術方法もそれぞれ異なるのです。
毛穴1つ1つに針を刺し、毛根・毛乳頭に弱電流を流す方法が電気分解法です。
これに対し、毛根・毛乳頭に高周波電流を流す方法が高周波法です。
ブレンド法は上記2つの方法を組み合わせた施術方法なのです。

そしてワックス脱毛とは、専用の液体を処理したい毛の上に塗り、剥がし取る方法です。
永久脱毛効果は低い為、定期的にエステに通わなくてはならないのです。



イチ押しリンク

銀座のブライダルエステに行けばあなたはよりキレイに;東京銀座グラシュ
恵比寿にあるエステではあなたに合ったオイルであなたを癒やします;Luxy Relaxation Salon
たかの友梨のエステ情報を口コミでゲットしよう!|エステ業界トップの真実とは?
TOP